桐箱は古くからあるものですが、より多くの人に普段使いしてもらいたいという思いでデザインしました。机の上では眼鏡立てとして、持ち運ぶ時は眼鏡入れとして機能します。 本体、蓋ともに斜めになっているため、眼鏡を取り出しやすく収納しやすいです。 眼鏡を入れた時にもっとも美しく見えるように角度を追求しました。製作してくださった箱義桐箱店は明治元年から桐箱の製作を行う老舗です。 また、高い製作技術を持っており宮内庁に納められているほどです。 桐箱の歴史は長く、桐は軽いという特徴から大名行列でも使用されました。

3色のゴムバンドで持ち運び時に蓋が開きません

You may also like

Back to Top